私は精神障害者手帳2級のバリバリ障害者であるにも関わらず、

常に健常者と張り合い、健常者に近付こうと無理をし、健常者と自分を比べ、

「私はあれも出来ない」
「これも出来ない」
「全然頑張ってない」
「私は怠け者だ」
「みんなもっと頑張ってる」
「みんなもっとちゃんとやってる」
「私は全然ダメだ」

とひたすら自分を責め、

劣等感と罪悪感でめためたの毎日だけど、

そもそも障害者のくせに健常者に張り合うのが間違ってんだよな。

医師や役所に余裕で「障害者」と認められるような心身の不調を抱えながら健常者と同じレベルの活動が出来るなんて相当のレアケースだってことを、

出来ないのが当たり前だってことを、忘れてる。

自分が精神障害者だと認められないのか?認めたくないのか?

他の人たちが外で働いてる時間帯に家にいてゆっくり休養することへの罪悪感が消えない。

健常者と同じように働いてお金を稼いで、家事も育児もきちんとやって、親戚付き合いも近所付き合いも友達付き合いもしっかりやって、身なりもきれいにして、

そこまで完璧に出来ないと許されないような気がしてしまう。

自分以外の他人が病気や障害で何もできず寝込んでいても「ゆっくり休んでいいんだよ、大丈夫だよ」と心から思えるのに、

自分にはそう思えないのはどうしてだろう。

どこまでも罪悪感がついてくる。

「自分が幸せになったり楽しんだり贅沢したり、いい思いをしたりするのは許されない」という呪いがついてくる。

「障害者のわりには頑張ってるじゃないか!」
「今日はこれもあれもできたよ、エラい!」

って自分を褒めることは出来るけれど、

それ自体が「何も出来ない、頑張れない自分はダメだ」って思い込みとつながっている。

いつか、病気やケガや老化で、全く動けない寝たきり状態になった時、私は私を肯定できるだろうか。

何も出来ない他人を肯定することは出来ても、何も出来ない自分を肯定することは可能だろうか。

もしかしたら、これは優生思想のタネみたいなものなんだろうか。こんな自分の中にも優生思想があるのだろうか。気付かないだけで、見たくないだけで。

何を言いたいのかわからない。

頭に浮かんで来るまま、そのままの気持ちを書いた。

結局答えも何もない。

ただ、私は今日わりと頑張った。障害者にしてはそこそこ頑張ったぞ!

でも、頑張ったから何だと言うんだ。頑張らなきゃダメなんだろうか。役に立たなきゃダメなんだろうか。生きてちゃいけないんだろうか。

いったい私は何と戦っているんだろう。







よくわかんねーけど熱い思いは伝わったからとっとと寝ろボタンです。
にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へにほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へにほんブログ村 子育てブログ 知的障がい児育児へ
明日も頑張ります。
でも頑張れない時はゆっくり休養します。



ブログ村読者登録(((((((((((っ・ω・)っ ブーン
渡る世間は珍獣ばかり - にほんブログ村


ブログリーダー読者登録( ‘д‘⊂彡☆))Д´) パーン



姉妹ブログはこちらから