人生で一番辛い時期、感情のスイッチを切ることで生き延びられた経験から、


その後も、度々その機能に助けられてきた。


子育て中も、時々お世話になっている。


上手になり過ぎたのか、それとも元々そういう人間なのか、


結構ショックな出来事があっても、まるで他人事みたいに何も感じないことがある。


何も感じない自分にびっくりすることもある。



「自分は辛い目に会って当然の人間だから、しょうがない。別に、構わない」という諦めが心の中心にあるみたいだ。


そのおかげで冷静に乗り越えられることも多いが、


自分が怖くなる時もある。






一方で、子供みたいに泣いたり笑ったり怒ったりする私もいる。



道端に犬のウンコ見つけて「うんこうんこ!」とはしゃいでたりもする。



どっちも私だ。



みんな、こうなのだろうか。



生活に大きな支障はないし、むしろその機能に救われる面もあるんだが、



小さな違和感、居心地の悪さみたいなものが、静かにずーっと続いている。



通奏低音みたいに、私を支配している。













せいぜい頑張れよボタンです。
にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へにほんブログ村 子育てブログへにほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へにほんブログ村 主婦日記ブログへにほんブログ村 子育てブログ 知的障がい児育児へ
押して頂けると励みになります。



ブログ村読者登録(((((((((((っ・ω・)っ ブーン
渡る世間は珍獣ばかり - にほんブログ村


ブログリーダー読者登録( ‘д‘⊂彡☆))Д´) パーン



自分語りブログはこちらから