わりと本気で、もうこの子との生活は無理だと思う瞬間が増えた。

突然わけのわからないポイントで怒り出したり不機嫌になったり、そういうのに振り回される毎日。

しかもその時の態度、言動が本当に、可愛くない。

もう本当に本当に本当に、「クソガキ」以外の表現が見つからない。

さっきまでニコニコしていたのに突然「フンフン!!」とゴリラみたいに鼻息荒くして反抗的になる。

最近は、私に対して暴力をふるうことも出てきた。

障害特性(感覚過敏など)からくるパニックは、親のほうもある程度予想して避けられるようになった。

ただ、全く予想もできない、わけのわからないタイミングでの「態度豹変」に振り回される毎日。

さすがに疲れる。

疲れるというか、普通に精神が病む。

私の場合もともと精神病んでいただけに、消耗のしかたがハンパじゃない。

ニコニコご機嫌な時は、とても可愛い子だ。

いや、アホだけど。かなりのアホだしおっちょこちょいだし注意力散漫だし空気読めないし、もう「アホの塊」みたいな子なんだけど。

でも本当は可愛いんだよ。

可愛くて、面白い子。

陽気で人懐っこくて、ポジティブで素直で純粋で、寛容で心の優しい子。

そういう状態も見ているだけに、不機嫌な時との落差に混乱する。

ジキルとハイドか!ってくらいの豹変ぶり。

一日の中で、何度もジキルとハイドを行ったり来たり。

長女と一緒に暮らしていると、いつも機嫌に振り回されて、気が狂いそう。

ただ、けして別人格になっているわけではなく、長女自身もそれは自覚している。

気分が落ち着くと、自分から「さっきはごめんなさい」と謝ってくる。

そして「怒りんぼするの治したいなぁ...」「どうしていつもこうなっちゃうんだろう...」と落ち込んでいる。

そういう姿も知っているから、一緒にクールダウンの方法を考えたり、精一杯寄り添ってきた。

「ちゃんと我慢出来るようになるから大丈夫だよ!」と励まして、ありのままの長女を受け入れようとしてきた。

でも時々、本当に無理な瞬間がある。

ギリギリつないできた愛情の糸がプツンと切れる瞬間。

子供が健常児であっても、子育ては忍耐の日々だという。

なら、うちの長女みたいな子を育てるのに一体どれだけの忍耐力が必要だというのか。

私は神でも仏でも、ブッダでもガンジーでもマザーテレサでもない。

どこにでもいる、ごくごく普通のメスゴリラだ。

修行僧ではない。

普通の一般的なメスゴリラだ。

そんな普通のメスゴリラが、我慢して、我慢して、我慢して我慢して我慢して我慢して、時々引きずり出される自分の子供時代のトラウマとも戦いながらもひたすら我慢して我慢して、時には泣いたりわめいたりしながら、長女と向き合ってきた。

その我慢が、すでに限界を迎えている。

歪んだイマジネーションで心はもうボロボロのドロドロ。

愛情だけじゃやっていけない。

きれい事じゃ片付けられない。

まだ具体的なことは考えられず、頭の中はごちゃごちゃだけれど。






せいぜい頑張れよボタンです。
にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へにほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へにほんブログ村 子育てブログ 知的障がい児育児へ
押して頂けると励みになります。