子供の頃に、抑圧していたもの、抑圧せざるを得なかったものが、

大人になってから、歪み(ひずみ)として現れることは多いと思う。

そしてその歪みが、その子の人生に、日々の暮らしの隅々に、及ぼす影響がとても大きいことを体感として、知っている。

だから自分の子供にはそういうものを背負わせたくないと常に思っている。

でもそれの、いかに難しいことか。

成功か失敗かは、子が大人になるまでわからない。

親に見せずに、一生隠し続ける子もいる。

子供の心に鈍感になってはいけないと、いつも自分を戒めている。

「自分は子供のことを良くわかっている」と信じ込むことが一番怖い。

でも難しい。とても難しい。







せいぜい頑張れよボタンです。
にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へにほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へにほんブログ村 子育てブログ 知的障がい児育児へ
押して頂けると励みになります。いつもありがとうございます。