渡る世間は珍獣ばかり〜メンクリ常連ひきこもり主婦の発達障害児育児〜

ADHD・自閉症スペクトラムかつ軽度知的障害のある小学2年生の長女と、今のところ特に問題は無い(と思いたい)3歳の次女との格闘の記録。そして家事や育児が上手に出来ない自分の愚痴やら何やらを綴るブログです。

カテゴリ: 思うこと

世の中には3種類の人間がいる。(※大ざっぱ) 1)何でもかんでも自分のせいにする人。 2)何でもかんでも他人のせいにする人。 3)自分が悪い時は自分のせいにして、他人が悪い時は他人のせいにする人。 この3種類だ! (※大ざっぱ分類です。実際は濃淡 ...

最近、各メディアで自殺防止の呼びかけを頻繁に目にする。 新学期が始まるこの時期、若年層の自殺が増えるらしい。 自殺防止の呼びかけには全面的に賛同だし、無理に学校行かなくてもいいよ、逃げてもいいよってのは私も同意する。 ただ、ちょっと引っかか ...

これだけは言わせて下さい。 子供への暴力や暴言は、絶対にダメです。 私は、子供に暴言を吐いてしまいます。 でも、それを 「親も人間だからしょうがないよね」 とか 「育てにくい子だからしょうがないよね」 で片付けたくないです。 ...

今日は原爆の日。 もし10秒後、空から原爆が降ってきたらと想像してみた。 そしたら、どんなにクソみたいな自分でももっと生きていたいと思ったし、 クソみたいに育てにくい子供でも、一緒にいられるだけでいいと思った。 クッソ散らかった賃貸ハウスでも雨風しの ...

どうしようもなく疲れています。 逃げ場も無い。 絶対ストレスで早く死ぬタイプですよ私。 疲れてくると封印してるものが色々蘇ってきてキツいです。 心的外傷のケア、全くされてませんからね。 心から血ダラダラ流しながら生きてるようなものです。 色んなものを、呪 ...

私はよく「真面目過ぎる」と言われます。 学生時代のバイト中から始まり、最近では子供関係の面談やその他もろもろの場面で。 自分でも知らず知らずのうちにガチガチになっているのか、文字通り肩に力が入って「肩が上に上がってる」のだそうです(笑) 指示を聞き逃さな ...

気持ちの切り替えが苦手で、すぐ癇癪を起こすチャッピー。 衝動性が強く、ちょっとしたことが我慢出来ずにわめき散らす。 同年代の子がとっくに出来る身の周りのことが、いつまでもできない。 きっと何も知らない人が見たら、 「親はいったいどういう躾してるの?」 ...

オムツがなかなか外れない子。 一歳半過ぎても歩けない子。 なかなか言葉が出ない子。 親は悩む。すごく悩む。 そういう親を励ますためのセリフでよく聞くのが、 「一生オムツの子はいないからそのうちはずれるよ〜^_^」 「一生歩けない ...

やっとおチビどもの冬休みが終わりました。 日中ひとりで誰にも邪魔されずに活動できる時間があるってすばらしい!! 一人になれる時間がないことが一番辛い 子供は可愛い…可愛いですよ、可愛いんですけども。 やはり、一日中誰かのペースに振り回されながら、 ...

蹴りたい。 夫の腹の溝落ちあたりをドッスドスに蹴りたい。 「死にたくなる」とか言ってきやがった。 死にたくなるくらいなら会社なんか休めやこのチンカス野郎!! 今まで何人精神科送りにしてきたんだよあのクソ会社!! あんな社員使い捨ての会社、もう捨 ...

11月28日、バチカンでの一般謁見中に起きたあるハプニングに対するローマ法王の神対応が今世界中で称賛されています。 突然、壇上に男の子が乱入! その日、大勢の信者たちに向けてローマ法王が説教している最中に、自閉症の6歳の男の子が壇上に登って遊び始めま ...

おそらく、私が勝手にナーバスになっているだけなのだと思う。 「お母さんもっと頑張って」なんて言葉を言われたことは無いし、ほとんどの支援者は「あまり無理しないで下さいね」「お母さんが笑顔でいることが何より大切です」と優しい言葉をかけて下さる。 それなの ...

親心というのは不思議なものだ。 朝「もう帰ってくるなクソガキ!!」と心の中で叫びながら学校に送りだしても、一時間後には「やっぱり元気に帰ってきて欲しいな」と思うものだし、日々そんな事の繰り返しだ。 私自身、子供の頃、母から私に対する拒絶を感じたこ ...

数週間ほど前のいつもと変わらない日曜の朝。 朝食を食べ終えて一息ついた頃、長女が「テレビ見たい!」と言うので許可を出した。 うちの娘たちは何故かプリキュアにも戦隊物にも特別な執着が無いため、日曜の朝必ず見るテレビ番組というのは決まっていない。 その時たま ...

たまたまネットで「母子家庭の貧困」についてのコラムを読んだ。 そのコラムに寄せられたコメントに目立つ、 「自己責任」  「辛いのはあなた方だけじゃない」 「努力が足りない」 という言葉。 読んでいて息苦しくなった。 もちろん、批判的な意見ばかりじゃなく ...

マニュアルどうりに育てればマニュアルどうりに子供が育つと思っているお花畑な人達が、この国にはたくさんいらっしゃるようだ。 インターネッツ見てるとそういうのがわんさか出てきて「ぐへぇ!」ってなる。 育児経験も無く人生経験も少ない若者ならば、まだギリギリ理 ...

今日も夕飯準備~夕飯~風呂~歯磨き~寝かし付けの「魔の時間帯」がかなりの修羅場でした。 朝の登校前、登園前もなかなか大変ですが、やはり育児で最もきついのが夕飯から寝かし付けまでの時間帯だと、私は思っています。 朝は夫がいてくれますが、夜はたいていワンオ ...

↑このページのトップヘ