誰にも会いたくないし、外にも出たくない。

家族以外の人と関わらない生活はとても楽だ。

友達がいなくても寂しいという感情が無い

誰かと話したいという欲求も無い。

だから、放っておかれれば私はいつまでも一人でいる。

一人は自由で、身軽で快適、いいことづくめだ。




こんな私にも、友達がいた。

可愛がってくれる先輩もいた。

空気なんか読まずに、私を気に入ってくれて、ベタベタなついてきて、あっちこっちに連れ出してくれた。

嬉しかった。

人に振り回されるのは疲れる。

でも、楽しかったんだ。

こんなに友だち甲斐のない私を、好いてくれてありがとう。

もうずっと、昔の話。






私はきっとこのままじゃ、マズいんだろうなぁ、という淡い危機感がある。

何かに心を閉ざしたまま、かろうじて誰かが投げてくれるロープすらつかまずに。

いつかきっと、本当の一人ぼっちになって初めて、

「ひとりは寂しい。誰かと話したい」

とか思う日が来るんだろうか。

だとしても、その時はもう手遅れだと思うんだよ。

見渡しても、視界にだ〜れも、見当たらない。

そんな未来を想像してみたらちょっと不安になって。




せいぜい頑張れよボタンです。
にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へにほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へにほんブログ村 子育てブログ 知的障がい児育児へ
押して頂けると励みになります。いつもありがとうございます。