色々とひと段落し、久しぶりにのんびり休んでいます。

食べ過ぎでお腹が痛いです。

大好きだったおばあちゃん(夫側の)が亡くなりました。

チャッピーのひいおばあちゃんにあたる人です。

まだ、受け止めきれていないです。

こんなゴミのように役立たずの嫁に、いつも優しくしてくれたおばあちゃん。

耳が遠くて、ほとんど会話は成立しないんです。

でも、居てくれるだけで安心したんです。

もう身体は無くなって骨だけになってしまって、その骨をお墓の中に入れて重い蓋をしてあります。



私側の親族は、色々トラブルがあり、地理的にも離れており、会いたくない心情もあり、ほぼ絶縁というか、居ないに等しいと思っています。

まだ私が小学生くらいまでは、両親の実家に泊まりに行ったり親族やいとこで集まって宴会をしたりと、楽しい時期もありました。

でもその裏で、大人同士のギスギスしたものは確実に有り、少しずつ亀裂が大きくなっていきました。

母方の親族は陽気で明るい人が多いですが、みなやたらと喧嘩っ早くて粗暴なところがありました。

父方の親族は少し神経質でマジメな気性の人が多いのですが、何かと人間関係で重大なトラブルが起こりがちで、失踪したり行方不明になっている人も多いです。

父親の転職や失踪や転勤やらの関係で、子供の頃からあちこち転々としていた私には、故郷も実家も親戚も何も無いです。

ある意味自由で、身軽です。

でも、ちょっとだけ寂しいときもあります。


夫と結婚して、夫の子供時代の話を聞いたり、義親族の雰囲気や関係を見ていて、自分が生きてきた世界とは違う世界があったんだと知りました。

すごく暖かくて、穏やかで、安心できる人たちです。

この環境で育った夫は間違いなく幸せものだし、すごく羨ましいです。

私は、途中から加入した、血のつながらないよそ者です。

おまけに雑談も苦手だし、全く気が利かないし、鈍くさくて余計なことばっかりやってる役に立たない嫁です。

それでもみんな、温かく迎え入れてくれたんです。


影で何言われてるかは分かりませんよ。

でも別に、わからなくていいです。

影で「あの嫁は全然気が利かない」とか言われてても(いや絶対何かしら言われてても不思議じゃないんですけども)、影で言われてる分には別にいいです。

影で言われてることは自分の耳に入らないから無害です。


会食の席でもお酌も出来ず、まるで地蔵のようにじっと座っている嫁。

雑談も出来ず、黙々と食い続ける嫁。

天井の木目を眺めたり、瞑想するなどして時間を潰す嫁。

手持ち無沙汰で、ひたすら食べ続ける嫁。

たまに頑張って会話に入っても突拍子もないことを言って失笑をかう嫁。

たまに気を利かせて動いても、下げてはいけない食器を下げたりして、かえって足手まといになる嫁。

ただ、自分が役立たずだという自覚はあるので指示された作業は全力で遂行します。

挨拶と返事だけはきちっとします。

あとはほぼ地蔵です。

嫁地蔵です。

(しかも長男嫁)


私が嫁いだ時点で、夫の一族は終わったと思います。

ごめんなさい。


それでもみんな優しい。

チャッピーがちょっと(かなり)おかしなことしても、みんな優しい。

たとえ表面的だとしても、私はそれが見抜けないし、見抜けなくてもいいです。

温かく受け入れてもらって、嬉しいんです。とても。


おばあちゃんが亡くなってしまって、夫が会社を何日も休んで、普段会えない親戚もみんな集まって、泣いたり笑ったりワイワイやって、

慣れない喪服着て、すんげー疲れたけど、楽しかったです。

おばあちゃんが亡くなったことは、まだ頭の中で整理がつかないし、整理がつかないまま色々思い出したり、時にはちょっと寂しくなったりしながら、そのまま通常の生活に戻ろうと思います。

娘たちも、なんとか葬儀に参加できました。

色々と大変でしたけどね(笑)



長々と、思いつくままのまとまりの無い文章、失礼しました。





せいぜい頑張れよボタンです。
にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へにほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ
押して頂けると励みになります。