元気じゃないけど生きてますよー。

うつの症状が悪化してるので、お薬の量が増えました。

1日一回、朝食後にサインバルタ飲んでますが、

40mgから60mgになりました。

今は減薬の時代です。いい時代になりました。

ちょっと調子が良くなれば、またすぐに40mgに戻されます。

何度かそれを繰り返しています。

薬の量だけが原因ではないと思いますがね…

毎年、冬にはうつ症状が悪化します。

日照時間とか色々関係するんでしょうね。

ストレス性の慢性疼痛もあるので、サインバルタは相性がいいみたいです。




15年近く前、統合失調症と診断されてた時は何種類もの薬をたくさん飲んでいました。

何故か副作用が出やすい体質だったようで、アカシジア(じっとしていられない副作用)が激しくて、 とにかく辛かったです。

通常より少ない処方でも私にとっては多すぎたようで、医師も不思議がっていました。

病気の症状より副作用のほうがキツくない?と思うくらいだったので、その辺はかなり苦戦しました。

チャッピーの発達障害を疑い始めた頃、ネットで発達障害の情報を調べまくりましたが、

その中で「発達障害者は抗精神病薬が効きすぎて副作用が強く出る場合がある」というのを何度か目にして、

もしかして私も??

と思ったのが、自分自身の発達障害疑惑に気付いた決定的な瞬間でした。

他にも、カクテルパーティ効果や触覚過敏やその他もろもろ、子供の頃から密かに困っていた原因不明のあらゆることが全て発達障害の症状でキレイに説明できてしまうことに、愕然としました。

正直、人付き合いの苦手さとか空気の読めなさに関しては「ただの性格」だと信じて疑わなかったし、

テレビで発達障害特集とか見ても「私はここまでひどくない」「私には関係ない話」と思っていたくらいなので、なんか色々衝撃でした。

同時に、すごく腑に落ちた感がありました。

40年生きてきて、やっと自分の正体がわかったような安心感。


未だに、きちんとした診断には至ってないのですが。(田舎なので診てくれるとこも少ないんだよ)



…薬の話から、ついつい脱線してしまいましたが。



ここ2週間くらい、とにかく調子が悪かったです。

チャッピーも毎日のように遅刻するようになって、もうどうしたらいいかわからなくなり、精神的に疲労もたまり。

気付けば「私が全部悪いんだ…」とか、ネガティブなことをブツブツ喋るようになってたり、涙が理由もなくボロボロ出てきたり。

私の調子が悪くて笑顔が減ってくると、子供たちの状態も悪くなってくるんですよ、不思議なことに。


「ママが機嫌悪そうだから素直に言う事聞いとこう」

とか空気読んで忖度するタイプの子供らじゃないです。

試し行動か?ってくらい反抗的になったりします。

でも激うつの時はそれに毅然と立ち向かう元気などなく、しつけする元気もなく、ただため息ついたり泣いたりするくらいしか出来ないです。

情けないです。

それで色々と悪循環。


私が元気で明るい時のほうが、子供たちも素直だし、何より楽しそうですよ。


あんまり子供の前で母親が病んでるとこ見せたくないんですけど、代わりに育児してくれる人もいないんで病みながらな泣きながらでもご飯食べさせて風呂入れなきゃならない。

子供たちには、私が泣いてるのは「涙が止まらない病」という病気のせいだから気にするなと話してあります。

病院で元気が出る薬をもらって飲んでるということや、「けしてあなたたちのせいではない」ということも。


できれば、子供の前ではいつも明るい母親でいたいです。

春になったら、姉妹揃って自転車の練習させてあげたい。

公園でバトミントンとかしたいです。

そのために、早く元気になりたいです。





せいぜい頑張れよボタンです。
にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へにほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ
押して頂けると励みになります。