やっとおチビどもの冬休みが終わりました。

日中ひとりで誰にも邪魔されずに活動できる時間があるってすばらしい!!


一人になれる時間がないことが一番辛い


子供は可愛い…可愛いですよ、可愛いんですけども。

やはり、一日中誰かのペースに振り回されながら、そして一日中ほぼ絶え間なく話しかけられながら生活するのは、

もんんんんのすんんんごく辛いです(´;ω;`)!!

人によっては「えー、私、子供と離れてひとりになりたいと思ったことなんてないけどなー」というママさんもいらっしゃるようですが、

私は無理です!!

無理、無理、無理ゲーです!!

数分置きに理不尽な要求を一方的に投げつけてくる自由気ままなチビッコと一日中べったりのしんどさは異常です(´;ω;`)!!



正直、実際に子供産む前は育児がここまで辛いとは思っていませんでした。

でも、子供を産んだことに後悔はないし、しんどいながらも「楽しい!」「嬉しい!」「可愛い!」と感じる瞬間はたくさんあります。

将来幸せな人生を歩んでくれるようにと、不完全な親なりに出来る限り頑張っているつもりです。

ただ、一人でボーッとする時間がないと発狂します。


自分に出来るペースで子育てするしかない


逆に言えば、一人でボーッとする時間さえしっかり確保出来れば、不完全でもそれなりに楽しんで子育てができます。

「子供と常にべったり一緒でも辛くないよ」という親御さんもいれば、私みたいに「ひとりになる時間がないと発狂します」というタイプの親御さんもいて、

どっちがいいとか悪いとかじゃなく、自分に出来る方法で子育てしていけばいいんじゃないかと思うわけです。

私はもともと一人でいるのが好きな性格だったので、もしかしたら他の親御さんよりも「子供とべったりは辛い!」という気持ちを強く感じているのかも知れません。

実際に、育児ノイローゼになりましたからね(笑)

学校や幼稚園の長期休みになると「毎日昼ごはん作るのが大変〜」という保護者の嘆きをよく聞きますが、

私の場合「一人の時間が全くなくなる!!家事もできない!!発狂する!!助けて!!精神が崩壊する!!」というレベルの深刻な叫びです。

(昼食なんて充分すぎるほどの手抜きご飯なので、それ自体はさほど苦じゃないです)




発狂するくらいなら無理しないで子供預けようよという話


そして思うわけです。

「そんなに辛くて追い詰められるくらいなら、時々子供を預けるのは家族の幸せのために必要な措置だよね」と。

預けたくても預ける場所がない、という理由で預けられない人も都会の方では多いのかも知れませんが、

安心して預けられる場所があるなら、長期休み中に時々子供を預けることに罪悪感を持つ必要はないんじゃないかと。

よく育児本とかに「辛い時は子供を1〜2時間預けて息抜きして下さい」と書いてありますが、

すみません、私は「1〜2時間」じゃ足りません。

「1〜2時間で充分」という親御さんはそれでいいのですが、そんな短時間で気持ちを切り替えるなんて私には無理です。

(無いよりはいいけれど)

預ける時は、可能なら朝から夕方までくらい、たっぷりまとまった時間の方がいいです。

私もそうすることで、なんとか家事育児を続けてきました。

夫も送迎などには協力的です。

気質的に産後うつなども心配でしたが、何もできないくらいずっと寝込むような状態まではいかず、ヒーコラヒーコラ言いながらもなんとか最低限の家事育児はやれてきたんですよ。


外野にdisられるとか気にしてる場合じゃない


仕事もしてないのに子供預けて何やってんの、とdisられても、んなこと気にしてられません。

だって、しょうがないと割り切るしかないです。

一人の時間がないと辛い人や、メンタルや体質の問題で休養時間が人より多く必要な人はたくさんいるはずです。私も含め。

逆に言えばそういう人も、一人の時間や休養が十分に確保できさえすれば、ちゃんと子育てや家事ができるってことです。

そうやって、自分のダメなところは何かに頼りながら、開き直ってやっていくしかないです。



そういう私も、本来休みの日に子供を預けることへの罪悪感は消えません。

むしろ「罪悪感を抱く自分」に安心しているのかも知れません。

でもそもそも、お金を払ってちゃんとした場所に子供を預けることに、罪悪感を抱く必要なんてあるんでしょうか。

子供を預けることに罪悪感を抱く母親=いい母親

みたいな刷り込みは大きいと思います。




せいぜい頑張れよボタンです。
にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へにほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ
押して頂けると励みになります。