私は10代後半から「緊張型頭痛」に悩まされてきました。

頭痛に伴う不快症状や対処方法について、リアルでもネットでもなかなか自分と似たパターンの人が見つけられないので「緊張型頭痛・私の場合」として、ここに記しておきます。

(自分も同じです!って人の目に留まれば嬉しいな、と思いまして)




私の場合、緊張型頭痛が酷い時には、同時に口の中がベタベタネバネバした感じになっていることが多いです。

唾液の粘度が上がっているというか、とにかく気持ち悪いです。

こういう時は、歯磨き粉をつけて歯磨きしたり、ミンティアやフリスクを食べる等して口の中をスースーした状態にすると、一時的に緊張型頭痛が和らぎます。

一時的なものですが、かなり楽になります。食後に痛みが悪化することにも、何か関係があるのでしょうか…

私の相棒です。コレ無しでは生きていけない。



あとは、ウナコーワ等のスースーするかゆみ止め等を指先に少しつけて、額やこめかみ、耳の上、頬骨の辺りに塗るのも効きます。
(あまり勧められた使い方じゃないですがね)

なので外出時には必ずミンティアとウナコーワを持ち歩いています。

忘れた時はかなり不安になります。


ただし、どちらも根本的な解決ではなく「一時的に楽になるため」の対処法です。

※この対処方法は医学的な根拠も何もない「私はこれで楽になった」という個人的な体験談なので、胸を張ってお勧め出来るものではありません。



また、緊張型頭痛の発生頻度と痛みの度合いを減らすために、毎朝のストレッチは欠かせません。

肩回し等、首や肩の凝りをほぐす動きを重点的にやります。

ストレッチで緊張型頭痛を100%防げるわけではないのですが、ストレッチをやり損ねた日は確実にその後、ジワジワと痛みが出てきます。

やらないよりはやった方が確実にマシ、ということで、効果を実感しています。




しかし、人生において数年間、緊張型頭痛から完全に開放されていた時期がありました。

それは、統合失調症と診断され、とある抗精神病薬を飲んでいた時期です。

その間は、嘘みたいに全く緊張型頭痛が起こらなかったんですよ!

何年もの間、毎日のように悩まされてきた緊張型頭痛が、本当にビックリするほどピタッと見事に起こらなくなったんです。

出産のために薬をやめてから、見事に再発しましたけどね(笑)


この一件で「私の緊張型頭痛は、精神的な不調やストレスが原因になっていたんだなぁ」とつくづく思い知りました。

現在はサインバルタという抗うつ薬を飲んでいます。

他にも抗不安薬を組み合わせて飲んでいた時期もありました。

やはりメンタルの薬を飲んでいる時は、緊張型頭痛はかなりマシになりますね。


それでも、どうしても痛くて我慢できない時もあります。

そういう時は、市販の解熱鎮痛薬のお世話になります。

あとは、あまりストレスをため過ぎないように心掛けています。

今はブログを書くことが最大のストレス解消です(笑)




せいぜいお大事にボタンです。
にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へにほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ
押して頂けると嬉しくてむせび泣きます。いつもありがとうございます。