うちの長女チャッピー、軽度の知的障害を伴う発達障害で、算数はすこぶる苦手です。

現在、小学2年生の1学期の段階で、繰り上がりのある足し算がやっと紙に書きながら解けるようになりました。(暗算では無理です)

未だに一桁の足し算や引き算の時に指を使わないと解けないことがあります。

とにかく「数」のイメージが頭の中でしっかり定着していないように思えます。それに加え、記憶力もいまいち難ありで。

理解できていないな、と感じた問題は「100玉そろばん」という教材を使って実際に指を動かし、目で見て、声に出しながら、数のイメージを体感して覚えられるように、地道に教える日々です。



しかし!!そんなチャッピーでも九九は、ほぼ丸暗記しているのです!!

何をやったかというと、ポピーの2年生初回の教材についてきた九九の覚え歌「クックーの大ぼうけん」というCDをひたすら聴かせていただけです。

聴かせた、というよりも、最初試しに聴かせてみたらとても気に入り、自分から「クックー聴きたい!」とせがんでくるので内心「しょうがねぇなぁ…」と思いながらもBGMのように居間でリピートして流していただけです。

そうしたら、いつの間にかほとんど覚えてしまったようです。

チャッピーは以前「耳から入る情報に強い」と言われたことがあるので、歌の丸暗記などは比較的、得意なのかも知れません。

知的障害があっても電車の時刻表だけは丸暗記してる人とかよくいますしね。



ただ、よくよくチャッピーと話してみると、九九をただ単純に丸暗記しただけで、「かけ算」の概念や「3×3=9」という式が何を意味しているかまでは理解していない様子。
(学校でもまだかけ算は習っていないですしね)

やはり、単純に「歌」を「歌」として覚えただけなのかも知れませんね(^_^;)

それでも「うちの娘は九九なんて覚えられるのか!?」という不安から解放されただけで、大収穫です。かなりの苦戦を予想していただけに、嬉しい誤算です。


それにしても、私が子供の頃は「九九を覚えるための楽しい歌」みたいなものは無く、皆ひたすら暗唱することで覚えるしかなかったんですよね。

最近は、ポピーの教材に限らず「九九の覚え歌」は色々とあるようなので、

障害の有無に関わらず「ちょっとうちの子、九九で苦戦しそうだわ」というお子さんには試してみる価値はあると思います☆



高評価の定番暗記ソング集。



にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へにほんブログ村 子育てブログ 知的障がい児育児へにほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ
押して頂けると励みになります。