今日、洗い終わった食器を拭きながら、夫に対する怒りや諦めがフツフツとわき上がってきた。

気が付いたら、拭いていた小皿をテーブルに叩きつけていた。

パリーン、という音とともに、小皿が割れて破片が少し飛んだ。

自分でも驚いた。ほぼ無意識だったから。

慌てて、子供たちに台所に入らないように言い聞かせ、急いで破片を片付け掃除機をかけた。

無意識にテーブルに叩きつけただけでこんなにきれいに皿が割れるなんて、意外だった。



昨日も今日も、夫は午後から仕事だ。

状況的に、立場的に、休みたくても休めないのはわかる。

だから文句は言わない。言いたくても言えない。誰に文句を言っていいのかもわからない。

ただ、仕事で子供たちと接する時間が短いのなら、せめて、家にいる間くらいは、おおらかに優しい父親でいて欲しい。

細かいことでチャッピーを無駄に叱って泣かせて、険悪なムードにするのだけはやめて欲しい。

小さなことで叱りつけられて泣いているチャッピーを見ると、何だか、私の積み上げた努力を全てぶち壊された気分になる。

自分の接し方が悪くてチャッピーが不機嫌になったり癇癪起こしたりしているのに、まるでチャッピーが悪い子みたいに言う夫。許せない。

私が普段どんな思いで子供たちと向き合っているか、どれだけ大変か、おそらく想像もつかないだろう。

しかし私だって、夫がどんな思いで毎日仕事をしているのか、想像もつかないんだ。

その辛さ、家族の生活費を背負う重圧は、私には想像も出来ない。なぜなら、私がまだ働いていた独身の新入社員時代とは、立場も状況も全く違うのだから。

育児より仕事の方が楽でしょ、なんて、私には言えない。仕事には仕事の大変さがあるんだ。比べられるものじゃない。

夫だって辛いのだ。夫なりに精一杯、育児に参加してくれているのもわかっている。

だから、もっと夫を労りたい。優しく可愛い妻でありたい。

でも、私だって精一杯のギリギリだ。夫を気遣う余裕はあまりない。

何だろうな。この状況。

どこに怒りをぶつけていいのかわからない。

ただ、私はもっと、ゆったりと家族揃って笑い合える時間が欲しい。

それだけだ。




クリックして頂けると励みになります。
にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へにほんブログ村 子育てブログ 知的障がい児育児へにほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ
もうお皿割らないように気を付けます。