これは、私が元親友に言われた、なかなか破壊力のあるお言葉。

媒体がメールだったおかげでムカつき度が倍増するという、本当に悲惨な事件でございました。

当時、チャッピーは3歳前後。

明らかにこの子なんかおかしい!とにかく育てにくい!もう無理助けて!と思いながらも、

まだまだ診断が確定されない、「発達障害疑い」の時期でありました。

まぁどこからどうみても黒だったのですが、医療機関がなかなか動いてくれなかった。
(実はこのグレーゾーン時代が一番精神的に辛かった記憶があります)

KAZ7842_DSCF3133_TP_V

元親友にはチャッピーの1歳上のお子様(どう見ても話を聞く限りでもお利口さんな健常児)がおりまして、

転勤で遠くに住んでいたためなかなか会えないものの、帰省時に家族ぐるみで会ったり、メールで近況報告などし合っていました。

そんなある日。

私は勇気を出して打ち明けたんです。

「うちの子たぶん発達障害ほぼ確定なんだよね」的なことを。

そしたらなんと彼女から、こんな衝撃的な返信が!!


「シュタイナー教育の本貸そうか?うちの子シュタイナーやってから、だいぶ扱いやすくなったよ!」


は、はいっ?

い、今なんと??

シュ、シュ、シュ、シュタイナー教育??

いかん、目がかすんで文字が見えない!

シュシュシュシュ、シュタイナー教育ですと!?

えっ、もしかして、そのシュタイナー教育とやらを実行したら、発達障害が治るのですか!?

シュタイナー教育ってすご~い(*^_^*)!!

治るんだ!発達障害(*^_^*)!!

すごいねすごいねシュタイナー教育(*^_^*)!!流石だねシュタイナー教育!!

シュッシュシュッシュッ♪シュシュシュシュシュッシュッ♪シュッシュシュシュシュシュシュタイナー♪みたいな~?

すごいな~シュタイナー教育すご~い(*^_^*)!

それであなたのお子様扱いやすいお利口ちゃんになったんだって!?さっすが~(*^_^*)!



てゆうか、2歳になってすぐのあなたのお子様と会ったことあるけど、

発達速度、目線の合わせ方、模倣能力、発語状況、他者とのやり取り、手先や身体の動かし方、顔つき、体つき、その他どれをとってもごくごくフツーのバリバリ定型発達健常児だったよね!

そりゃ確かにイヤイヤ期真っ盛りだから、ダダこねたり、そういう場面もフツーに見受けられましたよ。

でもね、そのダダのこねっぷり、イヤイヤっぷり、イタズラ盛りっぷり、2歳特有の手のかかりっぷり、

どれをとっても完全に「健全なフツーのレベル」だったよね!

あなたはそれでも手が掛かって大変!って思ってたのかもしれないけど、

うちの子の2歳の時点と比べたら、喉から手がでるほど羨ましい、育てやすいタイプのお子様でしたよ。

うちの子は手がかかる2歳児とかのレベルじゃない、

完全にフツーの子じゃない、宇宙人みたいに訳の分からない子でしたからね!

KAZ7842_DSCF3133_TP_V

その後も何度か話す機会があったけれど、

あなたはお子様の幼稚園の同じクラスの子について

「すぐ叩いてくる子がいるんだけど~、それって親がちゃんと子供の気持ち発散させてあげてないからなんだよね~。まぁうちの子はちゃんと言葉で言える子だから、お友達叩いたりしないんだけど~」

な~んてほざいてたよね!

そっかそっかあなたのお子様、シュタイナー教育のおかげですごくいい子に育ったんだね(*^_^*)!

全てシュタイナー教育のおかげなんだよね(*^_^*)!

シュタイナー教育してあげたあなたも、いいお母さんだねすごいね~(*^_^*)!!

その子の産まれもった資質や性格なんて関係なく、全てシュタイナー教育とあなたの育て方の成果なんだよね(*^_^*)!




…世の中には

「教科書どおりに育てれば教科書どおりの子供が育つ」

「子供の悪いところは全て親が原因」

などと思い込んでいる原始人が未だに存在します。
(少子化の影響でむしろ増加しているかもしれません)

育児経験の無い人ならまだしも、育児経験があっても、たまたまわりと育てやすいタイプの子の親の中にも一部、そういう人がいます。

常に自分の子育てに自信満々で、育てにくいタイプの子に悪戦苦闘している他の親を見下したり、上から目線のクソバイスで優越感に浸ったり。

私はそういうタイプの人からは、全力ダッシュで逃げることにしています。

自分の心と、自分の子供を守るために。



〈追記〉

この記事に出てくる元友人とは、今はほぼ絶縁しています。

「距離を置きたいな」と思い始めた理由は、この記事に書いてあることだけではなく、他にも「?」と思うことがたくさんあったからです。
(長年に渡る小さな不満の積み重ねに加え、特に結婚、出産後に目立ち始めた「この人、人間としてどうなんだろう?」という様々なことが理由です)

記事だけ読むと「そんな小さなことで…」と感じられるかもしれませんが、その他にも、書ききれないくらいの多くの理由があったこともお察し頂けると幸いです。



【関連記事】

【1】健常児のお母様に言われて苛立ちを感じた言葉。その1

【3】健常児のお母様に言われて苛立ちを感じた言葉。その3



ランキングに参加しています。
にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へにほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ
クリックして頂けると励みになります。